融資・補助金

融資はいくらまで借りられる?基準はあるの?

借入余力について

融資を検討している場合、できることなら引き出せるだけ融資を受けたいと思うのが本音ではないでしょうか。銀行は、企業に対していくらまで融資できるかを検討する材料とするいくつかの指標を持っています。本編では、その「借入余力」に...

融資における担保について

担保について

金融機関から融資を受ける場合、たいていの場合は何かしらの担保が必要になります。担保には様々な種類があります。本編では、融資において担保にできるものについて解説いたします。 借入には担保が必要!? 中小企業が金融機関から融...

創業融資における「保証人」について

「融資」と聞くと「保証人」が連想されますが、創業融資においては必要かどうか気になるとことですよね。「保証人」と「連帯保証人」の違い、また「個人事業主」と「法人」によっても責任の度合いが変わってきます。本編では、創業融資に...

創業融資の事業計画書の「売上高」はどう書くべき?

創業融資の場合、過去の事業実績があるわけではありません。だからと言って、「売上高」なんか予測できるわけないとはなから「適当」に数値を入れたのでは融資を受けることはできません。本編では、売上高をどのように算出していくかを解...

融資を受ける際の自己資金の目安はどのくらい?

自己資金について

創業融資でポイントになるのが、自己資金です。この部分で引っかかって、融資を諦められる方がいるのも現実です。実は、「自分では自己資金と思っていたのに!?」「これも自己資金に換算されるの!?」といった誤解が多いのも自己資金で...

どうやって資金をつくる!?資金調達の方法について

資金調達の方法

事業計画書を作成し資金調達が必要なことが分かった場合は、次は資金調達の方法を検討します。資金調達はすぐにできるものではなく、審査等に時間がかかることが普通のため、計画的に準備を進めていく必要があります。本編では、資金調達...

創業融資を利用するなら「制度融資」と「日本政策金融公庫の融資」のどちらを利用するべき!?

創業融資を検討し始めると、「制度融資」と「日本政策金融公庫の融資」の2つの選択肢があります。創業期の企業や個人事業主の場合には、非常に利用しやすい資金調達方法です。この2つの選択肢には、メリット・デメリットがあり比較検討...